• ホーム
  • AGAの治療額は薬の費用の価格に等しい

AGAの治療額は薬の費用の価格に等しい

2020年06月13日

AGAの治療額は、基本的にAGAの治療に利用する薬の価格に等しいと言っても過言ではありません。
AGAの治療は手術などによって頭皮を見るのではなく、あくまでも処方された薬によって治療を行っていくため治療額は薬に依存した金額になるのです。

そもそも、なぜAGA治療には薬の費用が必要になるのでしょうか。
AGAは、男性特有の症状で男性ホルモンによって薄毛が進行していく症状のことを言います。
なぜ男性だけに薄毛の症状が起こるのでしょうか。
それは、男性ホルモンが抜け毛を引き起こす物質を体内で作ってしまうからに他なりません。

本来、男性ホルモンは男性にとって非常に大切なホルモンです。
男性ホルモンは、男性を男性らしい肉体にするために筋肉や骨を強くたくましく成長させます。
成長期には適度な筋肉を身に付けることが出来るようになりますし、女性と比べて大きな骨格を形成することが出来るのです。
しかし、その反面身体にも悪影響を及ぼす懸念も医学的な研究結果でわかったのです。
それが、薄毛の進行という副作用です。
男性ホルモンの含有量が多い男性ほど、AGAを引き起こす可能性が高いことが既にわかっています。
DHTという髪の毛に悪影響を与える物質が抜け毛を進行させ、こうした物質は専門のクリニックで処方される薬でしか除去することが出来ないのです。
そして、こうして処方される薬には海外の製薬会社が作ったものであるため日本国内の保険の適用がききません。
実際に薬を手に入れるときには自由診療という形で診察を受け、薬を貰う必要があるのです。

このように、AGAの治療額はその症状を抑えるための薬を貰うための金額に依存します。
薬を貰うときにはしっかりとどの程度の負担があるのかを計算しましょう。